がん予防

葉酸を含む食品

葉酸は主に葉物野菜に含まれていますが、他にも葉酸が多い食品はたくさんあります。
葉酸の推奨摂取量は大人で200㎍、妊婦で400㎍です。

ほうれん草に含まれる葉酸は茹でると量が減ってしまうとはいえ100g中110㎍とかなり豊富で、同じ葉物野菜であるモロヘイヤはそれ以上です。
他にも枝豆やブロッコリー、かぼちゃなど様々な野菜に含まれているので、色々な野菜から摂るようにしましょう。

野菜以外でも身近な食品では焼きのりや納豆があり、どちらも1食分で60㎍の葉酸を摂ることができます。
火を通さずに食べられるので、熱で成分が破壊されることもありません。
果物ではいちごが100g中90㎍、アボカドが84㎍と豊富です。
吸収を良くするビタミンCも豊富なのでおすすめです。
エリンギやまいたけ、えのきなどのきのこも葉酸が豊富です。
妊娠中は体重を増やしすぎてはいけないので、カロリーが低く食物繊維の多いきのこはぴったりの食品です。

葉酸は多少摂りすぎたところで害はないので、食品とサプリメントを併用しても問題ありません。
薬を飲んでいる場合は効果を妨げてしまうことがあるのでお医者さんに相談しましょう。
またコーヒーや緑茶、柿などに含まれるタンニンは葉酸の働きを邪魔してしまうので、一緒に摂らないようにしましょう。