がん予防

葉酸と亜鉛

亜鉛は男性の性機能向上のために必要というイメージが強いですが、実は女性にも必要な成分です。
特に妊娠したいと考えている人には重要です。

亜鉛不足で女性に起きやすい症状として、貧血や無月経が挙げられます。
妊娠するには毎月安定した周期で月経が来るのが望ましく、妊娠中や産後には血液がたくさん必要になるので、貧血も改善しておくべきです。
免疫や甲状腺機能が低下することもあるので、体調を整えるためにも妊娠を希望する場合は亜鉛不足を解消しておきましょう。

亜鉛は葉酸と同じように細胞分裂の時に必要になるため、妊娠前と妊娠中には不足しないように気を付ける必要があります。
亜鉛は食品から摂る以外に摂取する方法がないため、乳児は母乳やミルクから摂る必要があります。
母親が亜鉛不足だと胎児のみならず乳児も亜鉛不足になったり、亜鉛が母乳に取られてしまい余計に欠乏症がひどくなることもあります。

葉酸も亜鉛も細胞分裂に必要な成分で、不足すると貧血になるという共通点があります。
そのため妊娠を希望する場合には妊娠する前から葉酸だけでなく亜鉛も摂取し、卒乳までの間は絶対に不足しないように気をつけましょう。
もちろん妊娠中でなくても必要な成分なので、日頃から積極的に摂っても問題ありません。